対称性のあるロゴマークは信頼される

会社のロゴマークをつくりたいという方の相談を受けました。

 

ロゴマークは千差万別のようですが、一定のセオリーがあるようです。その代表が、対称性のあるロゴマークは伝統的で信頼感が高いような印象を与えることです。逆に言えば、保守的で面白みのないという印象も与えます。

 

ロゴマーク
ロゴマーク

各企業のロゴマークを調べた結果、対称性のあるロゴマークを使用している割合は、医薬品業界では64%・食品業界では42%にもなるのに、マスコミ業界では12%に過ぎないそうです。

日本で言えば、家紋の多くは対称性が高いように、伝統的で信頼されるブランドイメージをつくるには対称性が効果的なようです。

 

対称性と似ていますが、医薬業界のロゴマークのうち36%は円形です。これは圧倒的に高い比率で、マスコミ業界で円形に近いロゴマークは5%くらいしかありません。

 

対称性×円形だと、ベンツやBMWなどの老舗自動車メーカーが思い浮かびます。トヨタやホンダのロゴもちょっと変形させて新しさを出していますが、このカテゴリーです。JALの鶴丸のマークのロゴは一時期廃止されていましたが、その間に不祥事が続いたことで復活しました。逆に新鮮ですし、航空業界も信頼が大切です。

医薬では、武田薬品・キョーリン・大正製薬・バイエルなどがイメージされます。ちょっと微妙ですが、メンソレータムの少女なんかもこの仲間ですね。

 

逆に、マスコミ業界では直線を使ったロゴマークが50%以上あり、他業界では30%台なので高くなっています。動物を使ったロゴマークは運送業界では多様されていますし、実際の物品のシルエットを使うロゴマークは新しい業界でよく使われます。対称性×円形とは対極にある新しさを表現したものが多いです。

ここまで書いて、フジテレビの赤玉と三本毛のロゴはどうなんか?と思いましたが、あれはあれで斬新過ぎたかも知れませんね。

 

いろいろ考えているうちが楽しいので、じっくり作り上げるといいでしょう。