大地震・風水害などの自然災害や新型インフルエンザなどの感染症・火災や重篤な労働災害などの事故、テロや近隣工場の爆発など不測の事態、リーマンショック級の世界的金融危機などに会社が襲われたときに、会社の事業を継続するための計画を予め立てておくのが、BCP(事業継続計画)です。

 ※ BCP とは、Business Coutinuty Plan の頭文字です。

 

 中小企業のBCPの策定には、中小企業庁のサイトから「中小企業BCP策定指針」のページにアクセスして(☞ http://www.chusho.meti.go.jp/bcp/ ) この手順通りに記入していく方法が手軽でやりやすくて広く普及しています。これを利用することは、有力な選択肢です。

 

しかし、少々網羅的な内容になっていて、細かい手順にこだわるという部分も見受けられます。現状で現実に現場で使えるBCPをつくるコツをお伝えします。参考にしてください。

 

ダウンロード
ワライト版_中小企業のBCP
山口県にある中小企業向けBCPの考え方です。
ワライト版_中小企業のBCP.pdf
PDFファイル 1.0 MB