合同会社ワライト          E-mail   support@walight.jp

  ~山口県宇部市~


エネルギー・環境関連業務を受託します。

先ずは、メールや電話でご相談ください。初回のご相談は無料です。

その後は内容によって、お見積もりさせていただきます。

 

尚、訪問が3回くらいまで済むような支援であれば、無料あるいは小額な費用で対応できる公的支援制度がいろいろとあります。お気軽に、お問い合わせください。

 

当社の主な業務

・省エネルギー・低炭素などの補助金申請業務

・環境市場調査レポートの作成

・特定施設設置の届出申請に関する業務サポート

・生活環境影響調査(ミニアセスメント)に関する業務

・廃棄物管理・資源リサイクル計画に関する業務

・再生可能エネルギーの利活用に関する業務

・環境ビジネスに関する調査

 

・環境マネジメントシステムの構築支援(ISO-14001・EA21)

・環境報告書の作成支援

・環境教育の企画運営

 


『中小企業は環境ビジネスで儲けなさい!』

エネルギー・環境ビジネスは、中小事業者が新規参入あるいは拡大をめざす分野として最適です。情報収集・標本調査・情報分析をおこない、貴社事業の発展を支援します。


再生エネルギーに関連した調査と提案

主な調査実績(2014年7月~)

  • 太陽光発電施設のフィージビリティスタディ(山口県)
  • 家畜糞尿由来のバイオガス発電のフィージビリティスタディ(山口県)
  • 新電力会社設立運営のフィージビリティスタディ(山口県)
  • 介護施設等からの廃棄物リサイクルの検討(山口県)

いろいろな再生可能エネルギー


平成24年7月から、再生可能エネルギーの固定買取買取制度(FIT)が始まりました。

現在(2013年10月)は、太陽光(ソーラー)発電が97%を大半を占めています。

太陽光発電は、普及によって機器の信頼性が高まり、初期費用も大きく下がってきました。再生可能エネルギーのトップランナーとしての地位を確固たるものにしています。

一方で、太陽光発電には、昼間晴天時しか稼働できない(正確には夜間雨天時に稼働が下がる)という欠点があります。このため、政府は風力や水力、さらにバイオなどの導入を促進したいと考えています。太陽光+α という方法も含めて、再生エネルギーは多様化していきます。

 


1.太陽光(ソーラー)発電

太陽光(ソーラー)発電の導入を検討されている事業者の方、先ずは簡単なシミュレーションをしてみませんか?

瀬戸内海沿岸(山陽地方)は日照時間が長く、冬季の積雪も少ないので、日本では太陽光発電の効率が最も高いと言われています。

 

2.小型風力発電

利用が昼間晴天時に限定される太陽光発電と比べると、風力発電は設備利用率が高くとれます。このところ風車のコストが下がってきており、課題であった騒音も改良型が出てきており、今後の普及が楽しみになってきています。

 

3.ミニ水力発電(小~マイクロ水力発電)

風況によって発電量が大きく変動する風力発電と比べると、ミニ水力発電は発電量の変動が少なく安定しています。

このところ発電機の性能が向上してきています。水利権の問題が発生しないような小規模発電でも採算性の検討が可能になってきました。

 

4.バイオガス発電

今後は注目される技術です。欧州では家畜ふん尿や食品廃棄物から発酵によって発生させたバイオガスを使用する発電は広く普及してきています。

バイオガスの分離やガスエンジンの性能が向上しており、廃水浄化や堆肥化などとの組み合わせも可能ですから、検討する場面は増えてきます。

 


再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)

≪2020年度・価格改訂≫

1.太陽光発電

  500kW以上 250kW以上 50kW以上 10kW以上 10kW未満
2020年度 入札 12円 13円 21円
2019年度 入札 14円 24or26円

2.風力発電

 

陸上風力

陸上風力

(リプレース)

洋上風力

(着床式)

洋上風力

(浮体式)

2020年度 16円 入札
2019年度 19円 16円 36円 36円

3.水力(既設水路活用型)

  5000kW以上 1000kW以上 200kW以上 200kW未満
2020年度 12円 15円 21円 25円
2019年度

4.バイオマス発電

 

メタン

発酵ガス

木質バイオマス

農産物

由来の

液体燃料

建設廃材 廃棄物

間伐材

一般・農産物
2000kW以上 2000kW未満 1万kW以上 1万kW未満
2020年度 39円 32円 40円 入札 24円 入札 13円 17円
2019年度