世界で最初の成文憲法~十七条の憲法~

 今日は憲法記念日。世界で最初の成文憲法は、聖徳太子によって制定された十七条憲法です。

 

 実際に憲法とは何か?というのは難しい問題のようです。辞書によると・・

 「国家の統治権・統治作用に関する根本原則を定める基礎法。」

 「他の法律や命令で変更することのできない国の最高法規。」

 「近代諸国では多く成文法の形をとる。」 とあります。

 

 この定義に基づく世界最初の憲法は、推古天皇の摂政だった聖徳太子によって604年に制定された十七条憲法です。

 これ以前にも、紀元前16世紀のハムラビ法典や紀元前2世紀のマヌ法典など法典は数多くつくられていますが、国家の根本原則を定めたりはしていません。西洋では、十七条憲法から600年余り経過した1215年にマグナカルタ(大憲章)が最初の成文憲法です。

 尚、十七条憲法は現在では効力を失っているので、現存する最古の憲法はアメリカ合衆国憲法になります。

 

 十七条憲法を概観すると・・

 1条 ”以和為貴(和を以って貴しと為す)”からはじまります。

    協調を貴び力による争いはしない。何事も真摯な議論によって決定する。

 2条 ”篤敬三宝(篤く三宝を敬う)”からはじまる。

    この国は仏教の教えに依拠して運営される。

 3条 ”承詔必謹(詔を承けては必ず謹め)”からはじまる。

    臣下は天皇の命令を受けたら謹んで従うこと。

 4条 ”以礼為本(礼を以って本と為す)”からはじまる。

    政府高官・官僚・役人(以下、官吏)は礼(ルール)を守って仕事をすること。

 5条 ”絶餮棄欲(むさぼりを絶ち、欲を棄てる)”からはじまる。

    官吏は饗応を受けてはならない。官吏は欲を捨てなければならない。

 6条 ”懲悪勧善(悪を懲しめ、善を勧める)”からはじまる。

    官吏は、悪行を取り締まり懲らしめること。善行は見つけ出して賞賛すること。

 7条 ”人各有任(人おのおの任有り)”からはじまる。

    官吏にはそれぞれの任務があるので忠実に職務にあたること。

 8条 ”早朝晏退(早くまいりて、遅く退け)”からはじまる。

    官吏は朝早くに出仕して、夜は遅くに退出すること。

 9条 ”信是義本(信はこれ義の本なり)”からはじまる。

    官吏はいつも真心をもって職務を遂行しなければならない。

 10条 ”絶忿棄瞋(忿を絶ち、瞋を棄てよ)”からはじまる。

    官吏は、怒って粗暴な行いをしたり、自己中心的に腹を立てることをしてはならない。

 11条 ”明察功過 罰賞必當(功過を明らかに察し、賞罰を必ず当てよ)”からはじまる。

    官吏の功績と過失は、明らかにされて、それに見合う賞罰が適正におこなわれる。

 12条 ”国司国造 勿斂百姓(国司国造、百姓おさめることなかれ)”からはじまる。

    地方官は勝手に住民から税を徴収してはならない。徴税権は国にだけある。

 13条 ”諸任官者 同知職掌(もろもろ官に任ずるもの 同じく職掌を知れ)”からはじまる。

    官吏は官職に任じられた時点で、前任者と同レベルで職務を熟知していること。

 14条 ”無有嫉妬(嫉妬することなかれ)”からはじまる。

    官吏は他人の能力に嫉妬してはならない。優れた者は登用され、優れた国をつくる。

 15条 ”背私向公(私にそむきて、おおやけに向かう)”からはじまる。

    官吏はいっさいの私心を棄てて、公務に向かわなければならない。

 16条 ”使民以時(民を使うは時を以ってする)”からはじまる。

    当時の徴税は使役(勤労)で、大半の国民は農民です。使役は農閑期に限ること。

 17条 ”夫事不可独断(それ事は、独りでさだむべからず)”からはじまります。

    高官と言えどもひとりで判断してはならず、必ず合議によって誤りのない決定をすること。

 

 1条は、誰もご存知の「和を以て貴しとなす」です。

 2条は、仏教の教えにしたがうことを定めていて、1条と合わせて憲法前文のようなものです。

 3条では、「臣下」は天皇の命令に従わなければならないとあります。概念としては国民全体に対して”国体(天皇を中心とした秩序)”を定義しています。

 4条以下では、「群卿百寮」に対する基本ルールを言っています。高官から地方官まですべての朝廷に仕える官僚が対象です。この時代に官僚を務めるのは、たいへんです。

 十七条憲法は、シンプルだけど、素晴らしい憲法です。第1条で「平和主義」を定めてはじまり、第17条で「民主主義」 を定めて締めくくっています。