東名あおり運転事件 裁判が差し戻しに

高速道路上に停めさせられたクルマの夫婦2人が死亡して娘2人が負傷しました。

 

2017年6月に神奈川県内の東名高速道路で、追い越し車線に停まっていた乗用車2台に後続のトラックが追突した事件です。加害者のあおり運転によって誘発された事故です。

横浜地裁は加害者の危険運転致死傷罪を認めて懲役18年を言い渡しましたが、東京高裁がこの判決を破棄して差し戻しました。

 

東名あおり運転事件
東名あおり運転事件

まぁ、法律的な問題があっての差し戻しということですが、最近のなんでも厳罰化という風潮は少し不安があります。

死刑制度に反対する人も多いような気もすすのですが、被害感情を理由に極刑を求める社会の声というものも大きいように思います。

 

この事件について、何か意見があるわけではありませんし、被害者と加害者のどちらが大事なのだ、言われると何とも答えられません。それでも、社会の規律を守るためには、長い年月でつくられてきたものがあるように思います。

 

もちろん、日本は法治国家ですから、法律の枠を超えた決定はできませんし、するべきではないいと思います。今回の一審の判断は、確かに法律の枠組みを少し逸脱していたように思えますから、見直しするのはよいと感じます。