自分のことを大切にする・・社長のための老子(64)

老子の教えは毎週日曜日に掲載します。今日は、老子第七十二章です。

 

この72章も、どこか一部分が欠損しているようです。意味はどのようにでも解釈できて、解説者によって反対のことが書いてあったりします。

この連載は「社長のため」ですから、社長への教訓になるほうを採用しておきます。

 

要約すれば、「社長が従業員を従わせるのは簡単だ。」

1) 住居や生活を保証すること。

2) 威張って無茶を言わないこと。  だけでよい。と言っています。

 

民不畏威、則大威至。

無狎其所居、無厭其所生。

夫唯不厭、是以不厭。

是以聖人、自知不自見、自愛不自貴。

故去彼取此。

 

従業員が社長の権威を尊重しなくなれば、大変なことになります。

従業員の住居を狭くしてはいけないし、生活を不自由にしてはいけない。

社長が従業員を嫌がらせなければ、社長を嫌がることはない。

社長は、自分のことをよく知って、無理な意見を押し付けない。

自分のことを大切にして、尊大な態度をとらない。

だから、無理なことはせず、自然な経営をすれば、従業員は従います。