余計な手出しはしない・・社長のための老子(52)

 老子の教えは毎週日曜日に掲載します。今日は、老子第六十章です。

 

 第六十章では、冒頭の『大国を治むるは、小鮮(しょうせん)を烹(に)るがごとし。』が、有名です。「国家を統治するには、小さな生の魚を鍋で煮るようにしなさい。」と言っています。

 小さな魚を煮るときに、無闇に突っついたり、かき混ぜたりすると身が崩れてしまいます。

 つまり、国や会社を統治するときには、厳しい規則で縛ったり、細かすぎる指示を出したり、賞罰を乱発するなんて、余計なことはしないほうがよいということです。

 

 「鬼」・・道理に従わない者

 「神」・・(理解できない)不思議な力 

 

 治大国、若烹小鮮。

 以道莅天下、其鬼不神。

 非其鬼不神、其神不傷人。

 非其神不傷人、聖人亦不傷人。

 夫兩不相傷。

 故徳交歸焉。

 

 会社の経営では、社長がは余計な手出しや口出しをしないほうがよい。

 社長が道理に従って会社を経営していれば、違反する者が力を持つことはありません。

 違反者は力を持たないだけでなく、力があっても他人の邪魔はできません。

 力があっても人の邪魔ができないうえに、道理を守る者も他人の邪魔はしません。

 つまり、違反する者も、守る者も、どちらも他人の邪魔はしません。

 こうして、(社長が道理にしたがって正しい経営をするならば)全ての社員が道徳に従った仕事

 をすることになります。