規則で縛りつけてはいけない・・社長のための老子(49)

 老子の教えは毎週日曜日に掲載します。今日は、老子第五十七章です。


 以正治国、以奇用兵、以無事取天下。

 吾何以知其然哉。以此。

 天下多忌諱、而民彌貧。

 民多利器、国家滋昬。

 人多伎巧、奇物滋起。

 法令滋彰、盗賊多有。

 故聖人云、

 我無爲而民自化。

 我好靜而民自正。

 我無事而民自富。

 我無欲而民自樸。


 1行目ですが・・

   正を以って国を治め     正直な政治で国を治める

   奇を以って兵を用い     重点的に兵力を用いて(奇をかたよりの意味として)

   無事を以って天下を取る   何事も無理をしないで天下を統一する

 

  老子48章にも「取天下常以無事」とあります。

   老子は当時としては珍しく、戦争をして勝つことを嫌っています。正直に国を治めていたら、

  相手の手薄なところを攻めて戦果を上げて、あまり無理しないで勝ちたいと思っているよう

  です。これで本当に大丈夫か?は心配もありますが、あまり絞り上げないで、みんなが自発的

  に動くことが、勝ちにつながると知っていたようです。


【意訳】 

 私は、正直に会社を経営し、重点事業に力を集中させて、

 自然の流れのままに会社を業界№1にしようと思います。

 私がそうできると知ったのは、次のような事情からです。

 何かを制限する規則が多くすると、社員は不自由で貧しくなっていきます。

 社員が新しい技術の習得に励むほど、会社の先行きが判らなくなります。

 細かい技術を持った者が増えていくほど、怪しげなものが創られていきます。

 規則で厳格に規制をしようとすると、不誠実な者がたくさん現れてきます。

 だから、業績をあげる社長は言います。

 我が社では、社長が無理な指示をしないので、社員が自分で変わっていきます。

 社長が平静を好むので、社員は自然に正しいおこないをします。

 社長が特別なことをしないので、社員は気付かないうちに豊かになります。

 社長が欲を張ったりしないので、社員はいつも一生懸命に仕事に励みます。