会社を内部から観察する・・社長のための老子(47)

老子の教えは毎週日曜日に掲載します。今日は、老子第五十四章です。


 この54章は、老子のなかでは少し異質です。儒教の教えが混ざった感じです。

 例によって、会社に置き換えて意訳します。

 社長は会社を内側からしっかり観察すれば、方向性を誤らないですみます。

 ※ 2行目 ”輟”は、”途切れる”という意味です。

 

 善建者不抜。

 善抱者不脱。

 子孫以祭祀不輟。  

 修之於身、其徳乃眞。

 修之於家、其徳乃餘。

 修之於郷、其徳乃長。

 修之於国、其徳乃豊。

 修之於天下、其徳乃普。

 故以身観身、以家観家、以郷観郷、以国観国、以天下観天下。

 吾何以知天下然哉。

 以此。


 しっかり建てた計画であれば抜かりはない。

 しっかり育成した人材であれば辞めることはない。

 そうすれば、次代の社員になっても会社の活動が途切れることはない。

 社員一人一人がやるべきことをやれば、成果は真実である。

 グループでこれを実践すれば、あまりある効果が上がる。

 部課でこれを実践すれば、成長は長く続く。

 事業部でこれを実践すれば、利益が豊かになる。

 会社全体で実践すれば、社員だけでなく家族や関係先にも幸福が行き渡る。

 だから、社員を観察して社員を、グループを観察してグループを、部課を観察して部課を、事業部を観察して事業部を、会社を観察して会社を判断しなければならない。

 私はこのように(それぞれの単位で)観察していくことで、経営の方向性を見極めていきます。