コアコンピタンスを磨く・・社長のための老子(45)

老子の教えは毎週日曜日に掲載します。今日は、老子第五十二章です。


 この章は、哲学として読むと、万物には根源である母があり、そこから生まれる子があり、母と子の生命は循環していくと言っています。

 

 天下有始、以爲天下母。

 既知其母、復知其子、

 既知其子、復守其母、

 没身不殆。

 塞其兌、閇其門、終身不勤。

 開其兌、濟其事、終身不救。

 見小曰明、守柔曰強。

 用其光、復歸其明、無遺身殃。

 是謂習常。


 発展してきた会社には何かの中核的な能力(コアコンピタンス)があるものです。

 社長が、会社のコアコンピタンスが何かを把握して、それから生まれたビジネスとの関係を理解

 している。さらに、ビジネスの現状をよく把握して、そこからコアコンピタンスを理解しなおし

 ている。とすれば、こんな会社には、危ないところは何もありません。

 そういう社長は、会社を惑わすような外部からの情報は取り上げず、会社を危うくするような誘

 いは拒みますから、ずっと心配をする必要が無いのです。

 もし社長が耳に心地よい情報や、優しい誘いに迂闊に乗るような人物ならば、その会社に救いは

 なくなります。

 ありのままに細部まで状況を把握することを「明」と言い、しなやかに会社を守っていくことを

 「強」と言うのですが、社長はこの「明」と「強」を心がけることです。

 社長が(外部の情報に惑わされずに)会社が長年蓄えた技術や経験を用いて、ありのままに状況

 を把握していれば、会社に災いを残すことはありません。

 こんな社長は「習常(会社を永遠に発展させた人物)」と言われるようになります。


※ 老子33章では、

  自分を知る人を「明」(他人を知るのは「智」)

  自分に勝つ人を「強」(他人に勝つのは「力有り」

  「明」で「強」な人が、志を遂げる。と言っています。