謙虚に生きる ・・ 社長のための老子(27)

 老子の教えは毎週日曜日に掲載します。今日は、老子第三十四章です。

 

道を優れた社長のリーダーシップと捉えてみます。

 

 大道汎兮、其可左右。

 萬物恃之而生而不辞。

 功成而不名有。

 愛養萬物、而不爲主。

 常無欲、可名於小。

 萬物歸焉、而不爲主、可名於大。

 是以聖人、終不自大、故能成其大。

  

 優れた社長のリーダーシップは水に浮かんだもののように、左も右も社内のどこにでも行き渡る 

 ことができます。

 社員全員が社長を頼りにして成長しますが、社長はそれを自慢したりしません。

 会社が成功しても自分の功績だと名乗ることはしません。

 社員全員を愛して育成していて、社員を支配することはしません。

 いつも欲を持たず、謙虚に生きています。

 社員全員が社長を慕っているのに、社員を支配しないからこそ、社長は偉大なのです。

 優れた社長というのは、終生自分を偉大と思わないからこそ、偉大な仕事を成し遂げられるの

 です。