2015年2月のWalightブログ

実質を尊び誠実に生きる ・・ 社長のための老子(31)

 老子の教えは毎週日曜日に掲載します。今日は、老子第三十八章です。

 老子は別名を道徳経と言います。三十七章までが「道」を説き、三十八章からがいよいよ下編となって「徳」を説きます。

 

続きを読む 0 コメント

ベンフォードの法則が、あなたの不正を見破るかも。。

1938年に、米国の物理学者フランク・ベンフォードが発見した法則です。

 

続きを読む 0 コメント

早朝の飲酒運転検問

 下関市内で早朝に会社へ向かっていたら飲酒運転の検問にあったそうです。


続きを読む 0 コメント

JTがたばこ事業に集中~農業の輸出への展開について

 JTが飲料事業から撤退して「たばこ」に集中するとの報道です。日本の農産物輸出のトップは「たばこ」で約250億円です。


続きを読む 0 コメント

報復の連鎖と信頼関係

 コーチングのセミナーでは「信頼」を3つの段階に分けて教えます。


続きを読む 0 コメント

エコアクション21フォローアップセミナーでの事例報告から

 今日のセミナーで建設設計業の会社さんからの事例報告がありました。


続きを読む 0 コメント

築土構木のこころ

 ある土木会社さんのお話です。よい仕事ができるのには理由があります。

 

続きを読む 0 コメント

偏りなく会社を治める ・・ 社長のための老子(32)

  老子の教えは毎週日曜日に掲載します。今日は、老子第三十九章です。

 

続きを読む 0 コメント

報連相は双方向コミュニケーション

 報連相は上司のリーダーシップがあって、はじめて成り立ちます。


続きを読む 0 コメント

報道の自由を侵害しているという主張

 新潟のフリーカメラマンが内戦のシリアに入国すると宣言したところ、外務省に旅券を取り上げられました。報道の自由や渡航の自由は国民の権利であると主張されています。

 

続きを読む 0 コメント

建国記念の日と創立記念日

 今日は「建国記念の日」です。「建国記念日」ではなく、「建国したことを記念する日」です。


続きを読む 0 コメント

首相の所信表明演説で「改革」が連呼されました

 時の首相が「改革」を口にするのは、いつから始まったのでしょうか。

 

続きを読む 0 コメント

改正フロン類法で冷凍冷蔵機器やエアコンの点検が義務化されます

 今年の4月1日から施行されます。中小企業でも該当しますので注意してください。


続きを読む 0 コメント

報道ステーションで、風力発電が原発の代替に・・?

 普段観ることはないのですが、偶然に報道ステーションの音声が耳に入りました。


続きを読む 0 コメント

自然の法則とは回帰 ・・ 社長のための老子(33)

  老子の教えは毎週日曜日に掲載します。今日は、老子第四十章です。

 

続きを読む 0 コメント

何故、海外の調査では・・OECDの調査では・・

 偶然、先週から夕方6時前にクルマを運転してNHKラジオを聴く機会が何度かありました。

 

続きを読む 0 コメント

三十六計逃げるに如かず

 孫子の兵法のうち、日本では最も有名な言葉です。


続きを読む 0 コメント

環境改善効果が最も高いのは挨拶

 環境マネジメントシステムの書類チェックして思うことです。


続きを読む 0 コメント

カープ黒田の経済学

 カープの背番号15が8年振りに帰っていました。ファンとしては歓喜のときを迎えています。


続きを読む 0 コメント

二頭のロバのストーリー

 中学校の社会科(公民)で使われている教材です。


続きを読む 0 コメント

大器は晩成する ・・ 社長のための老子(34)

 老子の教えは毎週日曜日に掲載します。今日は、老子第四十一章です。

 有名は「大器晩成」の章です。

続きを読む 0 コメント

工場の見える化で注意すること

 ものづくりの現場では「見える化」を推進していきます。


続きを読む 0 コメント

余分の作業指示で手待ちを無くす

 朝の作業指示は、必ず2日分以上を出しておくそうです。


続きを読む 0 コメント

5Sの三番目のS(清掃)

 ディズニーランドでは、雨の日のもベンチの拭き掃除をするそうです。


続きを読む 0 コメント

生きている地球指数

 生物多様性を示す指標に「生きている地球指数(LPI)」というのがあります。


続きを読む 0 コメント

エコロジカル・フットプリント ・・ 地球がいくつ必要ですか?

  フットプリントは「足跡」あるいは「専有する面積」という意味です。


続きを読む 0 コメント

吉田松陰先生の事業承継

 「花燃ゆ」で再認識されている吉田松陰ですが、若い時分から随分な無茶をしています。


続きを読む 0 コメント